書類作成のスペシャリストになるには行政書士の資格を取得しよう

資産や人の動かし方

男女

ビジネスを成功させるのはとても難しいですが、マネジメントに関することを知識として学べば成功確率を上げられます。そのためにビジネススクールがありますので、しっかりと学んでマネジメントの資格も取ってしまいましょう。

More Detail

市民目線の相談相手

ウーマン

書類作成のスペシャリスト

行政書士は、かつては「代書屋さん」という愛称で呼ばれていたことからも分かる通り、書類作成のスペシャリストとして確固たる評価を得てきました。現在ではそれに加えて、権利や財産に関わる身近な相談相手としての地位も確立しています。行政書士の主な業務は官公署に提出する書類の作成や提出代行、及び権利や事実証明に関する書類の作成です。併せて、これらの書類作成に関わる各種の相談にも応じます。自動車の登録、外国人の帰化、遺産の分割協議など、専門知識を生かして安らかな市民生活が送れるようさまざまなサポートを行います。行政書士は国家資格となっており、いわゆる独立開業系の資格となっています。一般企業の総務部門などにおいても、有資格者を優遇する傾向が見られます。

受験勉強の方法は多種多様

行政書士の資格は、毎年1回実施される国家試験に合格し、同業者団体に登録することで得られます。受験者数は各種国家試験の中でも毎年上位にランキングされるほど多く、合格率は10パーセント前後とかなりの難関となっています。その人気の高さゆえ、受験勉強を行う機会は非常に豊富です。最も一般的なのは専門学校等の受験対策講座で学ぶことで、3か月コース・6か月コース・1年コースなどさまざまなタイプがあります。独学向けの参考書や問題集も非常に多くの種類が販売されています。また、専門学校等が監修した通信講座テキストも出回っています。中にはウェブを活用して遠隔授業を実施しているところもあります。自分のペースに合った方法を選ぶことで、効率的な学習を行うことができます。

話す・聞くの専門士

男性

言語聴覚士は、話す・聞く・食べるといった当たり前の行為が難しい人を支援、サポートする仕事です。医療現場だけでなく、介護や教育現場においても需要が高まっています。国家資格を得るには、養成校を卒業する必要があります。安易に期間の短い学校を選ぶと、授業進度が大変な場合もあるので注意しましょう。

More Detail

専門の資格を取得

保育士と子供

保育士は通常2年生の学校に通うことで、免許を取得することができます。しかしながら、スキルアップや将来の展望によっては、3年制の学校や大学などを利用して更に知識を深めることが大切になります。学校選びは慎重に行うことをおすすめします。

More Detail