話す・聞くの専門士|書類作成のスペシャリストになるには行政書士の資格を取得しよう

書類作成のスペシャリストになるには行政書士の資格を取得しよう

話す・聞くの専門士

男性

話す・聞くなどをサポート

言語聴覚士は、病気や事故などによって、話す・聞く・食べるといった、健常者が当たり前に行っている行為が不自由になってしまう人を支援する仕事です。ただ支援するだけではなく、その人が社会復帰できるようにサポートしていくことが目的です。また生まれつきこれらの行為に障害がある人に向けてのサポートもあります。言語聴覚士は医療専門職ではありませんが、医療現場においてはチームの一員として活躍したり、介護や教育現場でも需要があります。活躍現場の広がりから、最近では言語聴覚士の不足が問題になっており、資格取得に向けて人気が出てきています。特に教育現場においては、学校ごとに言語聴覚士を置くところも増えています。吃音等で流ちょうに話すことが困難な児童に対し、訓練を行う場合もあります。

国家資格取得のため進学

言語聴覚士は誰でもなれるわけではありません。国家資格が必要な職業で、受験資格を得るためには、大学や短大、専修学校などの養成校を卒業しなくてはなりません。個人で勉強しても試験を受けられるわけではないので気を付けましょう。最短で言語聴覚士の資格を得るには、高校卒業後に国が指定している養成学校へ進学することが早いといえます。しかし、この際に3年制の専修を選択すると、授業進度が早く、ついていくためにかなりの努力が必要になります。安易に年間授業料だけを計算して短期養成校を選ぶのではなく、その期間や学校で専門知識がきちんと身に着けることが出来、卒業・国家試験取得が出来るかを判断して進学するようにしましょう。また言語聴覚士の仕事は、妊娠出産等でいったん仕事から離れた女性でも、復帰して活躍することが出来るため、女性に人気の資格となっています。