専門の資格を取得|書類作成のスペシャリストになるには行政書士の資格を取得しよう

書類作成のスペシャリストになるには行政書士の資格を取得しよう

専門の資格を取得

保育士と子供

2年で現場で働けます

保育士になるには厚生労働省が付与している保育士免許を取得する必要があります。保育士資格を取得することができる学校は専門学校や大学、短期大学などです。専門学校や短期大学の場合には、2年間のカリキュラムを終了することで卒業ができ、すぐに現場で働くことが可能です。大学では4年制になるため、早めに保育園で働きたい場合には、専門学校や短期大学を利用するとよいでしょう。学部内容は主に保育の現場における教育の仕方や運動や遊びなどがあります。それ以外にもピアノのレッスンや緊急時の対応の仕方など保育に役立つカリキュラムを終了することによって、保育士になることができるのです。学校によっては幼稚園教諭の2種の免許も取得することが出来る場合もあります。

学びたいことを明確にする

保育士になるには通常2年の学校に通うことで免許を取得することができます。しかし、更に知識やスキルアップをしたい場合には、2年にこだわらずに3年制を選択してもよいでしょう。最近では3年制の専門学校も多くなり、こどもの心理学やスポーツの専門を高めるコース、病児保育を学べるコースなどもあります。通常の2年制よりもプラスアルファで知識を深めることができるため、実際の現場でも大いに役立てることができます。また、4年制の大学で学ぶと幼稚園教諭1種の資格を取得することができることから、将来的に幼稚園の園長などを目指す事も可能です。このように選択する学校によって将来に違いや現場でのスキルに違いがでるため、学校選びは慎重におこないましょう。